記事一覧

伊良部高校ランチタイムで福田直樹さんが生演奏

 






2019/02/03 09時03分配信 - 文化・芸能 -

 ピアニストの福田直樹さんが1日、 県立伊良部高校 (大宮廣子校長) を訪れ、 同校音楽室でランチタイムを利用した訪問公演を行った。 バッハのガボットなどの舞曲を中心に演奏し、 その曲が生まれた時代背景を説明した。 生徒らは食事をしながら美しい生演奏に聞き入った。 1曲終わるごとに大きな拍手が送られた。
続き
 福田さんは 「ゆったりとピアノの音色を聞いてほしい。 音楽を味わって」 と生徒らに呼びかけた。 メヌエットの演奏では当時の貴族が音楽と一緒におじきなどの作法を学んだことを説明した。 また、 「貴族にとって、 音楽演奏家のモーツアルトやベートーベンが来た時にその日の演奏のテーマを出し、 テーマに沿って色んな曲を即興で演奏することは楽しみの1つだった」 と話した。 モーツアルトの音楽は万能薬のようと表現し、 「きらきら星」 (フランスの古民謡) を弾いた。 最後にはシューマンのトロイメライ (夢) を演奏し、 この曲に生徒らへの 「夢を持って生きていってほしい」 という願いを込めた。
 福田さんは 「今日の演奏会はいい感じで行えた。 伊良部も橋が通り観光客が増え空気が変わると思う」 と話した。 生徒を代表して宮国快吏君 (1年) が 「素晴らしい演奏をありがとう。 福田さんのおかげで普段通りのお昼ごはんが豪華になったように思った」 と感想を語った。
 福田さんは1960年東京生まれ。 ヴィオッティ国際ピアノコンクール、 ディプロマ賞、 ウィーン・ベーゼンドルファー賞など数々受賞。 NHK大河ドラマ 「花の乱」 テーマ曲演奏、 テレビにも出演多数。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20845-1.jpg
トークも交えながらピアノ演奏をした福田さん=県立伊良部高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加