記事一覧

宮古総実フード生徒が課題研究最終発表会

 






2019/01/30 09時03分配信 - 教育 -

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) は29日、 2018年度食と環境科フードクリエイトコース課題研究最終発表会を視聴覚室で実施した。 3年生18人が3班に分かれ、 これまでの研究成果を堂々と発表。 審査の結果、 「マグロ缶詰製造実習で発生した未利用資源の有効活用に挑戦~肥満率と魚離れの改善を目指して」 について発表したまぐろ班 (仲間志央里、 長嶺颯乃、 西里優李、 伊計秀菜、 新城菜々瀬、 佐久田凛莉香) が最優秀賞に輝いた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20825-1.jpg
缶詰製造実習で出たマグロの身などを利用したカレーパン開発に取り組んだ成果を発表したまぐろ班 (右奥) ら=宮古総合実業高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加