記事一覧

全宮古小学校駅伝大会、東が3連覇を達成

 






2019/01/27 09時04分配信 - スポーツ -

 第37回全宮古小学校駅伝競走大会(主催・宮古地区小学校体育連盟) が26日、 市陸上競技場発着の10区間14㌔コースで行われ、 各校を代表して出場した25チーム、 総勢384人の児童たちが健脚を競い合った。 熱戦の結果、 東Aチームが51分39秒の大会新記録で3連覇を果たした。 準優勝には西辺A、 3位には鏡原が続いた。 沿道には保護者や大勢の地域住民らが詰めかけ懸命に走る児童らに声援を送った。
続き
 午前9時15分から行われた開会式で、 宮古地区小学校体育連盟の池村敏弘会長は 「これまでの練習の成果を存分に発揮し、 選手1人ひとりがチームの一員としての役割をしっかりと果たしながら、 自分の記録と体力の限界に果敢に挑戦し、 自己ベストやチーム記録の更新をめざして頑張ってほしい」 と激励した。 選手を代表して、 佐良浜小学校の漢那リリアさんと伊良部小学校の嘉手納琉弥君が選手宣誓を行った。
 レースは午前10時15分に始まり、 女子が1・2㌔、 男子が1・6㌔の距離をそれぞれ交互に走り計10区間をタスキでつないだ。 昨年優勝の東Aが第3区でトップに立ち、 そのまま首位を守り切った。
 結果は次の通り。
 【団体】優勝=東A (51分39秒) ▽準優勝=西辺A (53分4秒) ▽3位=鏡原 (53分19秒)
 【個人】男子 (1・6㌔) =①砂川豪穀 (東A) 5分34秒②狩俣宏箕 (鏡原) 5分36秒③平良英達 (東A) 5分39秒▽女子 (1・2㌔) =①山田玲桜 (鏡原) 4分17秒②友利聖奈 (東A) 4分18秒③赤嶺美々 (西辺A) 4分19秒
 【躍進賞】鏡原53分19秒 (昨年のタイムより4分9秒短縮)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20813-1.jpg
懸命に走る2区の選手=市陸上競技場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加