記事一覧

西辺小学校創立130周年記念式典・祝賀会

 






2019/01/24 09時02分配信 - 教育 -

 市立西辺小学校 (砂川靖夫校長) の創立130周年記念式典・祝賀会が20日午後、 同校体育館で行われた。 全校児童・園児103人をはじめ保護者や地域住民、 教育関係者、 在沖郷友会など多数が参加し、 同校の節目を盛大に祝うとともにさらなる発展を祈念した。
続き
 式辞で、 記念事業推進委員会の楚南大吉委員長は 「子や孫たち、 今後も続いていく世代のために西辺小が地域の学校として地域とともに歩み地域に愛されるよう今後も努力していく。 本事業に対して物心両面から協力頂いたみなさんの熱意と善意に心から感謝とお礼を申し上げるとともに、 益々のご健勝を心より祈念し、 あわせて本校が人材育成の発祥として発展するよう祈念する」 と述べた。
 砂川校長は 「文武両道を校訓とする西辺中学校と連携し勉強やスポーツ、 文化面でも大活躍し素晴らしい成果を上げている。 保護者をはじめ地域のみなさんの支援のお陰。 130周年の佳節を迎え、 これまで先輩方が築き上げた校風と伝統を大事にし、 さらに未来に向かって教育環境の充実と人材育成に努め、 本校のさらなる発展に尽くしていく」 と決意。 花城唯児童会長は 「130周年記念事業では多くの方々からたくさんの応援を頂いた。 在校生一人ひとりが自分の夢や目標に向かって、 いまできることを精一杯頑張ることがみなさんの気持ちに応えること。 これからも頑張るのでみなさん西辺小学校を応援してほしい。 先輩方が残してくれた伝統と誇りを受け継ぎ、 私たちの西辺小がいまよりももっと発展して笑顔、 夢、 あいさつのあふれる心豊かな西辺小になることを心から願っている」 と喜びの言葉を述べた。
 このほか、 下地敏彦市長や平良善信宮古教育事務所長、 宮國博教育長、 仲間徳正在沖西辺郷友会会長が祝辞を述べ、 これまで学校発展・教育振興等に貢献した29個人・団体に感謝状が贈られた。
 祝賀会は、 西原みどり会の 「トーガニアヤグ」 で幕開け。 池田千香子舞踊研究所の 「具志堅小唄」 や在沖西辺郷友会婦人部の余興、 西辺小PTA父親有志らの踊りなどが次々と披露され、 西原みどり会の高良雅一会長・渡久山英隆西原自治会長らの音頭による乾杯で盛り上がりを見せ、 最後は参加者全員でクイチャーを踊って締めくくった。
 感謝状対象は次の通り。
 力組、 OKモータース、 渡久山フロアー、 池間工業、 縁、 上地伸栄、 花城組、 国盛建設、 楚南海事、 立津工芸社、 大米建設、 新里土木、 池田土建、 サンコク、 三景工業、 康成工業、 仲間俊雄、 仲地勇、 前泊功一、 赤嶺和子 (カナスヤー)、 仲間洋三 (同)、 花城秀人 (同)、 花城和枝 (同)、 西原みどり会 (学習支援)、 協栄海事土木 (教育環境)、 宮國芳美 (第40代校長)、 與古田思信 (第41代会長)、 新里二男 (第42代校長)、 砂川栄作 (第43代校長)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20797-1.jpg
創立130周年記念式典で校歌を合唱する児童や関係者ら=20日、 西辺小体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加