記事一覧

琉球交響楽団のふれあいコンサート

 






2019/01/22 09時02分配信 - 文化・芸能 -

 琉球交響楽団の 「ふれあいコンサートin宮古島」 が20日、 マティダ市民劇場で行われた。 団員らが木管楽器、 打楽器などの洗練された演奏を披露。 会場には子どもたちを含めた大勢が耳を傾け、 室内オーケストラを楽しんだ。
続き
 コンサートの始めには 「山の音楽家」 の音色でヴァイオリン、 ヴィオラ、 フルート、 クラリネット、 トランペット、 トロンボーン、 打楽器などを紹介。 演奏は直井大輔さんの指揮により、 ウィリアム・テル序曲より 「スイス軍の行進」、 「トリッチ・トラッチ・ポルカ」、 「5匹のこぶたとチャールストン」、 威風堂々第1番、 沖縄版 「浦島太郎」 などが披露された。
 同交響楽団は、 沖縄県文化振興会の2018年度沖縄文化芸術を支える環境形成推進事業補助金を受け、 まちなかコンサートを活用した芸術文化発信事業を行っている。 ふれあいコンサートは同事業の一環の催し。 18日は宮古病院などで 「まちなかコンサート」 があり、 19日にはマティダ市民劇場で 「手作り楽器体験ワークショップ」 も行われた。 団員らが打楽器などを説明し、 親子らにプランター太鼓とピロピロクラリネットの楽器の作り方を教えた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20787-1.jpg
琉球交響楽団が 「ふれあいコンサート」 を行った=20日、 マティダ市民劇場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加