記事一覧

「宮古島大使」を委嘱

 






2010/10/02 09時01分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は1日、 市制施行5周年記念式典の中で、 このほど初代 「宮古島大使」 に決定した江川ゲンタさん (ミュージシャン)、 下地勇さん (同)、 下地暁さん (同)、 砂川恵理歌さん (歌手)、 平良直也さん (自営業)、 中丸三千繪さん (ソプラノ歌手)、 仲本光正さん (音楽家)、 渡辺大五郎さん (元関脇・高見山) に認証状を交付した。 下地市長は 「宮古島市の顔として活動してほしい」 などと今後の活躍に期待を寄せた。
続き
 同大使は、 ことし7月1日に制定された設置要項に基づいたもの。 市に居住したことがある島外出身者、 島外で活躍する市出身者、 宮古島市を愛する者でいずれも市のイメージアップに貢献すると認められることが条件。 今回は市職員、 観光協会、 宮古島商工会議所などから約16人の名前が候補に挙げられ、 最終的に推薦の多かった8人に決定した。
 任期は同日から5年間。 毎年、 随時追加していく方針。 主な役割は▽自然、 歴史、 文化、 スポーツをはじめ、 観光、 特産品等の魅力のピーアール▽市のイメージアップにつながる活動▽各種イベント・ピーアール行事への協力─など。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 2076-1.jpg
「宮古島大使」 に任命された (左から) 仲本さん、 砂川さん、 下地さん、 平良さん=マティダ市民劇場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加