記事一覧

宮古製糖城辺工場が操業開始、初日は187㌧搬入

 






2019/01/12 09時07分配信 - 産業・経済 -

 宮古製糖 (安村勇社長) 城辺工場は11日、 2018/19年産サトウキビ製糖操業を開始した。 初日は187㌧が搬入され、 平均甘蔗糖度は13・35度となった。 今期は台風の影響で生産量の落ち込みや糖度など品質への影響が懸念されるとして生産量は前期11万2000㌧より約1000㌧減の10万1500㌧を見込んでいる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20744-1.jpg
開始式で圧搾機にサトウキビを投げ入れる関係者ら=宮古製糖城辺工場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加