記事一覧

市体協が県民体育大会上位入賞競技に報奨金

 






2019/01/12 09時02分配信 - スポーツ -

 宮古島市体育協会 (長濱博文会長) は10日、 第70回県民体育大会上位入賞競技への報奨金授与式を市陸上競技場会議室で行った。 2年連続となる優勝のバスケットボール男子 (垣花秀明会長) に5万円、 初の準優勝となったサッカー (宮国敏弘会長) と久々に2位の卓球男子 (安谷屋満会長) に3万円、 3位入賞したバレーボール男子 (友利肇会長) に2万円をそれぞれ贈呈した長濱会長は 「2年連続で最下位となり市民のお叱りを受けていたが、 みなさんの活躍で抜け出せた。 バスケ男子の優勝が勢いをつけ、 2年ぶりに出場したハンドボール女子のベスト8など思いがけない活躍もあった。 来年度も張り切って良い成績を残してほしい」 と期待を寄せた。
続き
 受賞競技団体を代表してあいさつしたバスケ男子の久貝正樹監督は 「昨年度、 地元で圧勝して連覇のプレッシャーもあったが、 若手中心に入れ替え次につながるメンバーで臨んだ。 これまでのようにはいかず準決勝は延長戦、 決勝は1、 2ゴール差の接戦だった。 通年で高校生と練習試合をするなど一般チームに刺激を入れてまた来年も勝ちたい」 と意気込みを語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20739-1.jpg
授与式で報奨金を受け取った (前列左から) 久貝監督、 垣花会長、 長濱会長、 安谷屋会長、 サッカーの内間申一郎主将、(後列左から) バレー協会代理の下地誠亮体協事務局長、 宮国会長ら=10日、 市陸上競技場会議室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加