記事一覧

19年冬春期野菜初荷式で高値取引を願う

 






2019/01/10 09時03分配信 - 産業・経済 -

 JA宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会 (伊志嶺一之会長) の2019年冬春期野菜の初荷式が9日、 平良野原越のJA宮古地区農産物集出荷施設で行われた。 生産農家をはじめ行政や農業、 運送などの関係者多数が出席し、 ことし1年間も消費者ニーズに応える安心安全な野菜の生産を誓うとともに市場価格の高値安定、 消費地までの無事故での運搬を祈願した。 同協議会では今期の計画として出荷量2707㌧、 販売額10億円を掲げている。 またインゲンが近く県の拠点産地として認定されることが報告された。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20728-1.jpg
19年冬春期野菜の高値取引を願ってバンザイ三唱する農家たち=JA宮古地区農産物集出荷施設

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加