記事一覧

アジアンMフェスPR 県ロック協、YAASUUさん応援

 






2019/01/08 09時02分配信 - 文化・芸能 -

 沖縄県ロック協会事務局長の喜屋武幸雄さん、 顧問の川満和彦さん、 宮古島大使を務め宮古島出身のアーティストのYAASUU (やーすー) さんが5日、 宮古新報社を訪れた。 喜屋武さんは、 今月20日に沖縄市ミュージックタウン3階音市場で開催する 「アジアンミュージックフェス」 をピーアールするとともに若手の人材発掘を行っており、 「YAASUUさんを全国、 世界に売り出すために応援していきたい」 と話した。
続き
 沖縄で初めての東南アジアなどのアーティストやバンドが出演する同フェスは沖縄市文化によるまちづくり推進事業で開催するもので、 YAASUUさんやRINKOさん (東京)、 MAKIOYAMAさん (大阪)、 Monomania (台湾)、 PSYCHOSKULL (香港)、 KLROCK (韓国)、 XILAN (中国) らが出演する。 フェスの模様はインターネットで全世界に発信されるほか、 出演者の18曲を収めたCDが同時発売される。
 YAASUUさんは18歳で上京しシンガーソングライターとして活動し、 1stアルバム 「おーきな輪」 でデビュー。 全国や沖縄でライブなど活動を行っており、 2017年には次世代アーティスト発掘応援音魂ぐらんぷり審査委員特別賞を受賞し、 「PARTY TIME」 や新曲 「未来への合図」 は好評。 「昨年4月から務めている宮古島大使の活動も増えてくると思うので、 宮古島を世界に発信していきたい」 と意欲を見せた。
 喜屋武さんは 「沖縄のロック全盛期は (ロック界最大のエンターテイメントレジエンドの) かっちゃんら半分は宮古島出身が占めていた。 その後時代は変わり、 聞かせる音楽からビジュアルによる見せる音楽に変化している」 などと説明。 フェスは若手発掘の場として開催するもので、 YAASUUさんには 「久しぶりに若手の大物が出てきた。 若い人にバトンタッチするためにも売れてほしい」 と期待を込めた。
 フェスのチケットは前売券2500円、 当日券3000円。 沖縄ファミリーマート、 各ライブハウス、 各レコード店などで発売。 CDの定価2000円 (税込み)。 問い合わせは喜屋武 (090・7925・5814)。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20710-1.jpg
アジアンミュージックフェスとCD発売をPRする (右から) 喜屋武さん、 YAASUUさん、 川満さん=5日、 宮古新報社

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加