記事一覧

東京都ジュニアトライ選手が宮古島で強化合宿

 






2019/01/05 21時03分配信 - スポーツ -

 東京都トライアスロン連合のジュニアトライアスリート強化合宿のため4日、 高校生ら選手12人と指導者4人の計16人が来島した。 宮古空港到着ロビーでは歓迎セレモニーがあり、 関係者が横断幕で迎えた。 選手たちは温かい歓迎に笑顔を見せ、 練習環境が整った宮古島合宿の練習に意欲を見せていた。
 歓迎あいさつした宮古島市体育協会の長濱博文会長は 「宮古島は年末年始に雨が続いていたが、 きょうは皆さんを歓迎するように晴れた。 合宿のトレーニングでは成果を上げるように頑張ってほしい」 と激励した。
続き
 同連合強化担当理事の福渡純さんは 「毎年温かく歓迎していただき大変ありがたく思う。 宮古島は東京にない練習環境があるので、 選手たちも十分に環境を活かして練習することができる」 と述べた。
 2018年のU19日本ジュニア選手権で優勝し日本選手権にも出場した中山彩里香さんは 「今回から少し環境が変わり、 今まで以上に充実した練習ができるということで楽しみに来た。 4日間という短い期間だがしっかりと成長できるように頑張っていきたい」 と意欲を見せた。
 同連合は 「オリンピアトライアスリートを東京から」 を合言葉に東京都における次世代のトライアスロン競技を担う有望選手を対象に練習環境が整う宮古島で強化キャンプを行っており、 今年で4回目となる。 全日本トライアスロン宮古島大会の第4回大会で優勝した山本光宏さんも指導者としてジュニア選手の育成に力を入れている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20703-1.jpg
宮古島合宿のため来島した東京都トライアスロンジュニアの選手ら=4日、 宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加