記事一覧

15~16世紀の生活跡、保里遺跡発掘を市民に説明

 






2018/12/25 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) は23日、 道路拡張工事に伴い発掘調査が行われている平良西仲宗根の保里 (ふさてぃ) 遺跡の現場説明会を行った。 15~16世紀の建物跡をはじめ廃棄土抗からは魚やウミガメ、 動物の骨、 貝殻、 また多種多様な陶磁器や土器など当時の人々の生活の様子がうかがえるものが出土しており、 参加した多くの市民が説明に耳を傾け地域の歴史を学んでいた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20658-1.jpg
保里遺跡発掘調査現場を説明する市教委の久貝さん=23日、 平良西仲宗根

ファイル 20658-2.jpg
廃棄土抗から出土したウミガメの骨

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加