記事一覧

城辺新城・アラフ遺跡の市文化財指定を答申

 






2018/12/21 09時02分配信 - 文化・芸能 -

 宮古島市文化財保護審議会 (梶原健次会長) は20日、 市教育委員会 (宮國博教育長) に城辺新城海岸の史跡 「アラフ遺跡」 について、 市文化財指定の答申を行った。 梶原会長が11月6日付けで諮問のあった同遺跡の審議を行った結果、 「規模や出土品の多さから見て先島先史時代後期を代表する遺跡であり、 貝斧埋納遺構の存在や保存状態が良好であることも踏まえると文化財的価値が優れている。 急ぎ文化財指定し遺跡の保存、 周知を図るべき」 とした。 同委員会は告示後の28日に指定する予定。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20637-1.jpg
宮國教育長に 「アラフ遺跡」 の市文化財指定の答申を行う梶原会長 (右) =市役所城辺庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加