記事一覧

市子連子ども祭りでダンスなど披露

 






2018/12/18 09時02分配信 - 催事・イベント -

 「第12回市子連子ども祭り」 (主催・宮古島市子ども会育成連絡協議会) が16日、 下地農村環境改善センターで行われた。 下地地区や城辺友利地区の子ども会のメンバーらがダンスや演舞などを披露し、 会場に訪れた保護者や関係者とともに楽しい時間を過ごした。
続き
 主催者の奈良俊一郎会長は、 関係者の協力に感謝しながら 「次代を担う子どもたちに様々な社会体験の場を与え、 心身ともにたくましく感性豊かな子どもたちを育てることは私たちにとって急務な課題」 など述べたうえで、 「子ども会の果たす役割は極めて重要で特に学校教育では十分に体験できない貴重な活動を通して対人関係をはじめとする社会性や生きる力を育むことは大変意義深い」 などとあいさつ。 宮古島市教育委員会の宮国博教育長も駆けつけ、 子どもたちを激励した。
 舞台は下地地区子ども会の 「エイサー」 で始まり、
各地区の子ども会や宮古高校ダンスクラブのパワフルなステージなども行われた。 最後は全員で 「童びのクイチャー」 を踊った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20616-1.jpg
舞台は下地地区子ども会の 「エイサー」 で幕を開けた=16日、 下地農村環境改善センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加