記事一覧

愛情込めた花開く 狩俣小で人権の花運動開花式

 






2018/12/07 09時02分配信 - 社会・一般 -

 2018年 「人権の花運動」 (主催・宮古島市) の開花式が6日、 市立狩俣小学校 (友利健誠校長) で行われた。 児童が開花宣言を行い、 人権の花についての取り組みの感想文がパネルで展示された。 市から同校に感謝状が贈呈された。
続き
 午後1時15分から始まった開花式で、 下地敏彦市長 (代読) は 「愛情を込めて植えた苗がきれいな花を咲かせている。 よく頑張った。 お互い友達と協力し合いながら水やり、 草取りなどの手入れをし、 人権を守るための美しい心を育てることができた」 と児童らを労った。
 友利校長は 「これからも花を通して人権意識を高め楽しい学校生活を送っていきたい」 と述べた。
 生徒を代表して新里奈々さん (6年生) が 「これからも花の世話を通してみんなが仲良くするために大切にしたいことを考え行動していきたい」 と話した。
 人権の花運動は子どもがお互いに協力し、 花を栽培することで、 情操をより豊かにし、 命の大切さや相手への思いやりの基本的人権の尊重の精神を身につけることを目的として実施している。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20551-1.jpg
育てた花とともに記念撮影する児童ら=狩俣小学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加