記事一覧

ヘルプマーク普及促進へ 市が理解と支援呼びかけ

 






2018/12/07 09時01分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は義足や人工関節を使用している人、 内部障害、 難病、 妊娠初期などの人が援助や配慮を必要としていることが外見から分からないことから、 周囲の人に配慮を必要としていることを知らせることで援助が得やすくなるための 「ヘルプマーク」 の普及を進めている。 障がい福祉課では市のホームページへの掲載、 各支所や宮古保健所など窓口を通して市民に周知を図っている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20550-1.jpg
「ヘルプマーク」 は身に着けているズボンやカバンなど分かりやすいところに表示する

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加