記事一覧

県民投票実施本部が円滑実施協力呼びかけ

 






2018/12/06 09時06分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】県は4日、 来年2月24日に投開票される辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票に向けた県民投票実施本部 (本部長・謝花喜一郎副知事) を設置。 同日夕、 第1回会議が県庁で行われた。 各部局長や稲福具実宮古事務所長らが参加し、 県民投票条例、 同本部設置要綱、 県民投票実施までのスケジュールなどについて確認した。 冒頭で本部長あいさつを行った謝花副知事は 「県民投票に係る情報を共有し、 連携を密にしながら県民投票の円滑な実施に取り組んでいく。 みなさんの協力をよろしくお願いしたい」 と呼びかけた。
続き
 さらに、 謝花副知事は 「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票条例が10月31日に公布施行され、 県民投票の投票日を2019年2月24日、 告示日を同年2月14日と決定した。 都道府県単位の県民投票としては、 22年前の1996年に本県で実施しされたものに次いで全国で2例目となる。 今回の県民投票は間接民主制度の欠陥を補完する直接民主制度により県民から制定請求された条例に基づき行われるものであり、 県民1人ひとりが辺野古の埋立ての賛否を明確に示すことは意義があるものと考えている」 などと説明しながら、 「市町村と緊密に連携し、 投開票事務等の実施に万全を期すとともに、 県民が賛否を判断するために必要な広報活動、 情報提供を条例に基づき客観的かつ中立的に行う必要がある。 1人でも多くの県民のみなさんに投票に参加して頂くよう、 効果的な広報を行う必要がある。 各部局においては、 条例に基づき県民が賛否を判断するために必要な広報活動および情報提供について協力頂くようお願いする」 などと強調した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20548-1.jpg
円滑な実施に向けて設置要綱などを確認した県民投票実施本部の第1回会議=4日夕、 県庁

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加