記事一覧

多良間村「抱護林」の林業遺産目指す

 






2018/12/05 09時07分配信 - 社会・一般 -

【多良間】多良間村 (伊良皆光夫村長) は同村の集落を囲む 「抱護林 (ポーグ)」 を日本森林学会の林業遺産認定を目指して取り組んでいる。 抱護林は琉球王朝時代に蔡温の林業政策によって整備された林帯として県内で唯一現存するもの。 林業遺産は日本各地の林業発展の歴史を将来にわたって記憶・記録する事業。 同村では認定に向けた抱護林の整備や美化などで村民に協力を呼びかけている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20542-1.jpg
林業遺産の認定を目指す多良間村の 「抱護林 (ポーグ)」 =字仲筋の起点

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加