記事一覧

年末の運転気を付けて、交通安全イルミネーション

 






2018/12/05 09時03分配信 - 社会・一般 -

 やまと商事 (宮里敏男社長) の交通安全イルミネーション点灯式が3日、 同社で行われ、 社屋の壁面に 「交通安全」 と書かれたイルミネーションが点灯した。
 点灯式には宮古島警察署、 宮古島地区交通安全協会などの関係者が参加し、 アトラクションとして市北中学校の吹奏楽部の演奏が行われた。
続き
 宮古島警察署の前花勝彦署長は 「市の交通事故は年当初から厳しい状況で、 死亡事故もあった。 イルミネーションでドライバーの慎重、 安全運転につながると思う」 と述べた。
 宮古島地区交通安全協会の新里孝行会長は 「大和グループの施設提供はありがたい。 年末年始飲酒の機会も増える。 事故が減るように啓発活動をしていこう」 と語った。
 同社の砂川大輔さんは 「悲惨な事故を防止し安全で住みよい島は市民の願い。 8000個の電球を使用し歩行者、 ドライバーに癒しを与えながら交通安全を呼びかけたい」 と話した。
 イルミネーションの点灯は、 年末年始に向け、 交通事故を防止するため市内でも交通量の多い袖山交差点に隣接する同社に交通安全イルミネーションを施すことで通行するドライバーの事故防止意識の高揚を図ることを目的としている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20538-1.jpg
8000個のイルミネーションが点灯した=3日、 大和商事

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加