記事一覧

宮古島のパーントゥなどユネスコ無形文化遺産に

 






2018/11/30 09時07分配信 - 文化・芸能 -

 国連教育科学文化機関 (ユネスコ) 政府間委員会は29日、 「宮古島のパーントゥ」 など 「来訪神 仮面・仮装の神々」 について無形文化遺産に登録することを決定した。 新規登録されたのは宮古島のパーントゥなど8県10件。 登録を受け、 島尻自治会の宮良保会長は 「大変うれしい。 世界に発信するので観光面や経済効果もたくさん出ると思っている」 と喜びを見せた。 下地敏彦市長は 「世界でも類を見ない文化遺産であることは喜びである」 とコメントを出した。 30日には東京の都道府県会館で来方神行事保存・振興全国協議会が合同記者会見を予定している。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20513-1.jpg
ユネスコ無形文化遺産の登録決定を喜ぶ島尻自治会の宮良会長 (前列左) ら=市役所城辺庁舎

ファイル 20513-2.jpg
ユネスコ無形文化遺産に登録が決まった平良島尻の「パーントゥ」

ファイル 20513-3.jpg
ユネスコ無形文化遺産に登録が決まった上野野原の 「サティパロウ」

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加