記事一覧

市景観審議会が総合庁舎など3件適合と答申

 






2018/11/30 09時06分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市景観審議会 (池田孝之会長) は29日、 景観計画区域内での建築工事が届出されていた伊良部地区のブルーオーシャン宮古島や宮古島市総合庁舎などについて景観に関わる適切な対策が確認されたとして景観計画に適合するとして宮古島市の下地敏彦市長に答申した。
続き
 今回の答申は今月22日付けで市から諮問されたもの。 答申は同審議会の庄司優副会長から下地市長へ行われた。 景観審議会で審議された6議案のうち同意は3件となった一方、 平良久松の 「オーシャンビュースカイ新築工事」、 伊良部佐和田に計画されている 「伊良部島佐和田の浜プロジェクト」 など3件については再検討を求め継続審議とすることを答申した。 今後の継続審議は答申の結果を配慮した案件について行っていくという。
 下地市長は 「6つの案件を審議していただき3つは継続審議となった。 何とかなるだろうと思い届け出を出していると思うがしっかりと修正してもらいたい。 景観条例もあるため皆さんにしっかりと審議してもらえれば」 などと話した。 また、 同審議会からは景観エリアの見直しについても要望があった。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20512-1.jpg
庄司副会長 (右) から下地市長に答申書が手渡された=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加