記事一覧

県民体育大会総合12位 結果を市長に報告

 






2018/11/30 09時04分配信 - スポーツ -

 宮古島市体育協会 (長濱博文会長) は29日、 下地敏彦市長に第70回沖縄県民体育大会の成績を報告した。 市郡対抗では男女総合が12位 (71・50点) となった。 競技別には男子バスケットボールが優勝、 サッカーと男子卓球が準優勝、 男子バレーボールが3位に入った。 男子バスケは昨年に続き2連覇を達成した。
続き
 長濱会長は、 男子バスケットボールの優勝などを報告した上で、 市郡対抗総合成績については 「南城市や豊見城市との点数が平準化しており、 点数をあげないと8位入賞は厳しい。 また、 参加しない競技も多いため特別強い競技を作らなければ上位には行けない」 と述べた。
 下地市長は 「総合得点だと (宮古島市は) 参加しない競技もあるため厳しい。 体協も今後新たな組織となるため頑張ってもらいもっともっと向上してほしい」 と激励した。
 宮古バスケットボール協会の垣花秀明会長は 「去年から新しいメンバーが入った。 若いメンバーとベテランメンバーが融合し2年連続8回目の優勝を果たすことができた。 前回の4連覇を超えるように頑張っていきたい」 と話した。 このほか各競技の代表者も報告し、 来年に向けて決意を見せていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20510-1.jpg
下地市長 (前列中央) に大会での上位入賞を報告した関係者たち=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加