記事一覧

県民体育大会サッカー競技 宮古代表初の準優勝

 






2018/11/28 09時04分配信 - スポーツ -

 第70回沖縄県民体育大会 (主催・県など) のサッカー競技が24・25の両日、 那覇市の新都心公園多目的広場などで行われた。 宮古代表は決勝まで勝ち進み浦添市と対戦し、 0―1と惜敗したものの宮古勢初の準優勝となった。 他の競技ではバスケットボール男子が優勝、 卓球男子が準優勝と健闘したが男女総合成績は12位、 女子総合は最下位の14位にとどまった。
続き
 サッカー宮古代表は第1試合、 沖縄市を1―0で下し第2試合でうるま市と対戦。 前半相手にペナルティキック (PK) を与え先制を許すも前半に同点とし、 後半で逆転。 2年連続3回目の予選突破を決めた。
 準決勝では宜野湾市と延長戦でも決着がつかずPK戦にもつれ込んだ。 宮古代表のゴールキーパー渡久山隼人が相手のPKを2本止める好セーブを見せ、 初めての決勝進出を決めた。
 一方、 決勝では前半1分、 浦添市の縦パスをディフェンスラインの裏に通され失点。 そのまま得点を奪い返すことができず敗退した。
 三上暁監督は 「今回宮古代表は若返ったメンバーで臨んだ。 勝因は宮古代表の誇りを胸に全員が全力で戦ったこと。 宮古のサッカーがさらに盛り上がれば次は優勝という結果がついてくる。 今後も応援してもらえれば嬉しい」 とコメントを寄せた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20496-1.jpg
県民体育大会で準優勝した宮古代表サッカーチームのメンバーら (提供写真)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加