記事一覧

久松小でアーティストとの交流アウトリーチ事業

 






2018/11/22 09時06分配信 - 文化・芸能 -

 文化庁が支援する、 海外アーティストが日本の各地に滞在して作品制作を行う 「アーティスト・イン・レジデンス (AIR) 事業」 の一環で21日、 香港のアーティストらが市立久松小学校 (砂川茂和校長) を訪問し、 児童たちと交流した。 子どもたちは芸術家の仕事に触れ、 ジャンルを超えた創造活動に理解を深めた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20462-1.jpg
自分たちで考案したあいさつでコミュニケーションを取る児童ら=久松小学校体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加