記事一覧

琉球新報国際バレエ、奥平さんがジュニアB1位

 






2018/11/17 09時04分配信 - 文化・芸能 -

 第9回琉球新報国際バレエコンクールが11日、 那覇市の琉球新報ホールで開催され、 宮古島市出身でN・Sバレエアカデミー新都心校の奥平凜々愛さんがジュニアB部門 (中学1~3年) で1位・県知事賞を受賞した。 また同アカデミー宮古校の中尾心美さんと佐和田叶楽さんが同部門で入賞、 翁長采音さんと三上夏澄さんが児童A部門 (小学5~6年) で入賞した。
続き
 15日、 平良西里の宮古校で奥平さんは 「名前を呼ばれたときは信じられなかった。 先生に教えてもらったことを生かして踊れたことが良かった。 前回できなかったイタリアンフェッテが今回は成功した。 前回より上手に踊れた。 先生や応援してくれる人たちに感謝している」 と感想。
 今年4月から那覇市に移り住み新都心校でバレエに打ち込んでおり 「那覇へ行って練習量が増え、 技や足が強くなった。 もっと表現力を高めて踊っている役や情景を観ている人に伝えたい。 細かなところを意識して完成度を高めたい」 と話していた。
 同バレエアカデミーの長崎真湖代表は 「今回も子どもたちの素晴らしい成長とレッスンに励む姿に感動した。 当校だけでなく他の沖縄の教室も年々レベルを上げてきており、 とても嬉しい。 こうした機会を与えてくれた琉球新報に感謝したい。 このまま沖縄のバレエ界がもっと上へ、 世界へはばたけるよう努めていきたい」 とコメントした。
 この他、 宮古校からは児童A部門に植田晴子さん、 児童B部門 (小学3~4年) に松原杏樹さん、 仲宗根愛さん、 根間英子さんが出場した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20430-1.jpg
琉球新報国際バレエコンクールで1位となった奥平さん (後列中央)=15日、 N・Sバレエアカデミー宮古校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加