記事一覧

県民体育大会むけ団結誓う、宮古代表選手団

 






2018/11/10 21時06分配信 - スポーツ -

 宮古島市体育協会 (長濱博文会長) は9日、 富名腰公民館で第70回沖縄県民体育大会宮古代表選手団結団式を行った。 各競技の選手、 役員らが互いに健闘を誓うとともに勝利に向け団結を誓った。 今大会、 宮古は16競技に326人の選手団が参加。 男女とも総合成績9位 (前回14位) を目指している。
続き
 午後7時過ぎから始まった結団式では長濱会長から旗手を務める卓球競技の伊志嶺鷹啓主将に団旗が授与された。 長濱会長は 「皆さんは厳しい状況の中から代表として選ばれた。 宮古島市代表にふさわしい活躍を期待している。 昨年は若い選手たちが躍動した。 名実ともにスポーツの島宮古を築いていこう。 大会まで練習に打ち込み栄光を勝ち取ってほしい。 市民の期待に応えられるよう十分に力を発揮してほしい」 とあいさつした。
 下地敏彦市長が 「体育協会は新たにスポーツ協会となり活動の幅を広げる。 新組織となることを機に各競技の強化を考えていく必要がある。 宮古のスポーツを質の高いものとするため頑張ってほしい。 常に一歩上を目指す気持ちを忘れないでほしい」 と激励した。
 県民体育大会は先月20日のラグビーを皮切りに今月25日まで那覇市と浦添市で開催され、 県内14市郡で争われる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20396-1.jpg
長濱会長から団旗を手渡される卓球の伊志嶺主将 (右) =9日、 富名腰公民館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加