記事一覧

竹原地区の住環境整備進む 道路工事ほぼ完了

 






2018/11/09 09時01分配信 - 社会・一般 -

 2005年度に事業化し、 07年度から工事に着手した平良の竹原地区土地区画整理事業の旧宮古病院裏の荷川取線、 平良中裏の竹原2号線など道路工事は一部の歩道の補償交渉を残してほぼ完了している。 全体的に住環境の整備が進むなか宮古島市都市計画課区画整理係は保留地処分を進めており、 今年度の入札が11月29日に行われる。 入札される保留地は7筆。 同係では 「これまで保留地74筆のうち54筆が売却された。 今回は7筆の入札が予定されており、 売却金は工事の造成など事業費に充てられる」 などと話した。
続き
 保留地は全体的に道路や公園の面積を決めるなどして、 無秩序に建てられていた宅地を区画整理し再分配するなかで出てきたもの。 「それぞれ宅地の面積は減少するがきれいに区画整理した宅地となり、 道路や公園、 上下水道の整備などで生活環境が良くなることで全体的な土地の底上げになる」 と説明した。
 保留地処分入札については宮古島市のホームページから見ることが出来る。 7筆の保留地は街区番号、 画地番号、 地積、 最低入札額が出ており、 入札には税の完納などが条件。 未成年者や成年被後見人、 被保佐人、 破産者で復権を得ない人も入札に参加できない。 入札は11月29日午前9時半から市役所下地庁舎1階会議室で、 参加申し込みの受付期間は11月1日~11月21日となっている。
 同事業は平良市時代の1966年に 「無秩序に広がり、 生活環境のよくない地域を整備して住みよい豊かな環境づくりに資するために」 などとして都市計画が決定された。 だがその後30年余にわたり事業着手されなかったことから住民と行政の間で話し合いが行われ、 05年度に事業化された。
 竹原地区は北が旧宮古病院裏の荷川取線、 西が宮古保健所東側の大道線、 南が平良中裏の竹原2号線、 東が宮古高校東線で囲むような一帯。 荷川取線は延長342㍍ (幅員17㍍)、 竹原2号線は延長360㍍ (同8㍍) が整備された。
 竹原2号線は平良中や平一小など児童生徒たちの通学路なことから安全確保のために歩道が設置され、 サンエーショッピングタウン宮古食品館裏側では狭い道路や袋小路となっていることから拡幅などの整備が行われた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20377-1.jpg
竹原地区土地区画整理事業では道路整備や宅地の区画整理などが行われている=平良西里

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加