記事一覧

消滅危機言語継承むけ、24日に方言サミット開催

 






2018/11/07 09時07分配信 - 文化・芸能 -

 国内の消滅危機言語とされる8言語の地域の研究者らが集う 「危機言語・方言サミット」 (主催・文化庁など) が今月24日からマティダ市民劇場で開催される。 基調講演や取り組み事例の報告、 方言の聞き比べを通して言語・方言の継承について関係者が語り合う。 これに先立ち6日、 宮古島市の下地敏彦市長らが会見し、 多くの市民に参加を呼び掛けた。 また、 関連事業として25日には 「鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会」 チャンピオン大会が開かれる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20369-1.jpg
サミットと方言大会に多くの市民に参加するよう呼びかける下地市長 (中央) と宮国教育長 (左)、 大城会長=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加