記事一覧

【エコアイランド宮古島マラソン写真特集】

 






2018/11/05 09時06分配信 - スポーツ -
秋空の下、景色堪能 ゴールへ宮古路疾る

◇フルマラソン総合1位
 「前日までは1㌔3分35~40秒くらいのペースで走れればと思っていた。 朝の湿度が90%くらいだったので厳しいレースになると予想できた。 途中でつらくてやめようかとも思った。 ペースも1㌔4分超えてしまった」 と話すのは2時間52分54で2連覇を果たした仲間孝大さん。
 「昨日までの雨で湿度が上がり、 晴れて気温も上がったことからエイドステーションでは必ず止まり水分補給をするようにした。 これまで出場したレースでも今回は暑いほう。 初めからトップで、 折り返し地点で2位と2分30秒ほど差があった。 25㌔あたりから体が熱くなってきてばててしまった。 優勝できると確信したのは競技場に入ってから」 とレースを振り返った。
 仲間さんは 「来月の那覇マラソンに出場を予定している。 目標は優勝。 それまでにハーフを2回くらい走りたい」 と話した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20354-1.jpg
フルマラソン総合1位

ファイル 20354-2.jpg
フルマラソン女子1位

ファイル 20354-3.jpg
ハーフマラソン男子1位

ファイル 20354-4.jpg
ハーフマラソン女子1位

ファイル 20354-5.jpg
号砲とともに一斉にスタートするフルの選手たち=市陸上競技場

ファイル 20354-6.jpg
照り付ける日差しの中ゴールを目指し走る選手たち=下地

ファイル 20354-7.jpg
おそろいのミニオンのコスチュームで走る選手=マティダ市民劇場付近の道路

ファイル 20354-8.jpg
「お父さんがんばれー」 と声援を受け、 止まって家族と会話する選手=下地

ファイル 20354-9.jpg
エイドステーションで水分補給をしっかりと行う選手=伊良部大橋付近

ファイル 20354-10.jpg
出発前に 「ワイドー」 と気合を入れる選手たち=市陸上競技場

ファイル 20354-11.jpg
ゴールで待っていた友人たちと記念撮影に納まる選手ら=伊良部大橋

ファイル 20354-12.jpg
スターターを務めた2018ミス・ユニバース沖縄グランプリの木村梨菜さんとゴールで記念撮影する選手=下地線

ファイル 20354-13.jpg
コスチュームを着てレースに参加した選手=伊良部大橋

ファイル 20354-14.jpg
子どもたちと一緒にゴールテープを切る選手=市陸上競技場

ファイル 20354-15.jpg
美しい音色を奏で選手たちの後押しをした北中吹奏楽部の部員たち=伊良部大橋付近

ファイル 20354-16.jpg
エイドステーションでボランティアをする子どもたちと笑顔を見せる選手=来間大橋付近

ファイル 20354-17.jpg
選手に 「残り3㌔、 がんばって」 と指で合図しながら声援を送るボランティア=市役所平良庁舎前

ファイル 20354-18.jpg
「伊良部大橋の景色を楽しみながら行っています」 とピースするハーフの部の選手たち=伊良部大橋

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加