記事一覧

県高校駅伝大会で宮古が3位入賞、九州大会へ

 






2018/11/05 09時03分配信 - スポーツ -

 2日に今帰仁村で行われた男子第66回沖縄県高校駅伝競走大会 (主催・県高校体育連盟、 県教育委員会) で宮古高校男子駅伝部 (與那覇芳和監督) が3位入賞を果たした。 同部員らは3日、 宮古島に帰島し、 宮古空港で出迎えた保護者らに成績と九州大会出場権を獲得したことを報告した。
続き
 與那覇監督は 「風が強くコンディションが悪い中、 選手たち7人がタスキをつなぎ3位という結果を残した」 と報告。 「課題もあったが修正して九州大会に臨みたい」 と抱負を述べた。 また、 Bチームもオープン参加し、 記録には残らないものの全体で6位となるタイムでゴールしたことも併せて紹介した。
 同大会は7区間42・195㌔で争われ、 全18チームが出場。 宮古は1区で大島卓也主将が4位でタスキをつなぎ、 3区では上地洋一が前にいる那覇西の選手についていき、 途中で離されたものの首位の選手が倒れたため3位に上がった。 そのまま3位をキープしてゴールにたどり着いたという。 與那覇監督は 「いつも1区で出遅れていたが大島が踏ん張ってくれた。 コンディションが悪く、 止まらないように考えながら走るよう指示を出した」 と語った。 九州大会の出場は7年ぶりだという。
 大島主将は 「地域の人たちから 『行けるぞ』 と声をかけてもらい九州大会を決められて嬉しい。 2週間後の大会では最高の走りができるよう頑張りたい」 と意気込みを語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20351-1.jpg
宮古島に帰島し県高校駅伝競走大会で3位入賞し九州大会出場を報告する宮古高校男子駅伝部の選手ら=3日、 宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加