記事一覧

全国はがき筆文字展始まる

 






2018/11/02 21時05分配信 - 文化・芸能 -

 第2回全国はがき筆文字展 (主催・同実行委員会) が2日、 宮古島市中央公民館で始まった。 会場には保育園児から102歳の高齢者までの作品が昨年の約2倍となる2993点展示され、 選んだ漢字や言葉に込めた思いや願いなども添えられている。 4日まで。
続き
 この日は午後1時過ぎ、 開会式が行われ、 大賞を受賞した友利心羽寧さん (鏡原小3年) や高齢者の間郁子さん (98)、 砂川トヨさん (96) も参加。 同実行委員会の伊志嶺亮委員長が 「昨年、 日本で初めて宮古島発のメッセージ展を開催し好評を博した。 今後宮古の人たちのレベルがますます上がることを祈っている」 とあいさつした。
 市文化協会の大城裕子会長は 「1人ひとりが思いを込めて選んだ字が並んでいることに感動を覚える。 それぞれの作品とコメントを見ながら対話するような思いで鑑賞した。 10年、 20年と継続開催され書道文化の普及に貢献するイベントとして羽ばたくことを祈念する」 と祝辞を述べた。
 大賞の友利さんは 「友」 の筆文字を出品。 受賞については 「友達と仲良くしたいという気持ちで書いた。 大賞を獲れて嬉しかった。 先生から聞いた時にはびっくりした。 これからも習字を頑張りたい」 と語った。
 会場には飲酒運転ゼロメッセージ展とはがき新聞の作品も展示されている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20345-1.jpg
全国はがき筆文字展開会式でテープカットを行う大賞を受賞した児童や来賓ら=市中央公民館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加