記事一覧

奥平さん野原くん優秀賞、農業クラブ全国大会

 






2018/10/27 09時06分配信 - 教育 -

 24・25日に鹿児島県で開催された日本学校農業クラブ全国大会 (FFJ、 主催・同クラブ連盟など) の家畜審査競技会肉用牛の部に沖縄県代表として出場した県立宮古総合実業高校生物生産科2年の奥平実空さんと野原琉玖くんが優秀賞に選ばれた。 26日、 宮古空港では帰島した奥平さんらを同級生や教職員、 家族らが出迎え、 全国大会での活躍をたたえた。
続き
 野原くんは 「最優秀賞を目指していたので、 審査はややできた感じはあった。 優秀賞が決まったときはすごく嬉しくて手が震えた。 牛の見方などを何度も勉強したことが結果につながった。 この受賞を今後の実習や祖父母が農業で何かあったときに役立てたい」 と受賞の感想を話した。
 奥平さんは 「入賞できないと思っていたので優秀賞に選ばれてびっくりした。 嬉しかった。 審査は緊張したが事前に資料などをよく勉強した成果を生かせた。 来年も出場できるように頑張り、 次は最優秀賞を目指したい」 と話した。
 引率した生物生産科動物コース実習助手の比嘉一貴さんは 「畜産で有名な鹿児島県とあって審査する牛も良い状態だった。 緊張していた生徒も鹿児島の人の温かさで少しほぐれ、 実力を出せたと思う。 受賞は2人の努力の結晶」 と報告した。
 同校の伊波浩教頭は 「2年生なのでぜひ来年もチャレンジしてほしい。 今まで頑張ってきたことを継続し、 大会でのデータや資料を残して後輩を育ててほしい」 と述べた。
 今大会では県内から3人が優秀賞に選ばれ、 うち2人が同校だった。 また同校からは生活の部に下地笑弥華さん (3年)、 造園の部に塩川駿佑くん (2年)、 畜産の部に平山南々美さん (同) も出場した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20303-1.jpg
家畜審査競技肉用牛の部で優秀賞に選ばれた (左3人目から) 奥平さんと野原くん=宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加