記事一覧

秋風に”鷹柱”舞う、サシバ大群飛来

 






2018/10/11 09時06分配信 - 社会・一般 -

 10日、 伊良部島や下地島の上空で渡り鳥サシバの大きな群れが確認された。 北東からのやや強い風を受けて飛来し、 空中で渦を巻くように集まって飛ぶ 「鷹柱」 を何度も作っていた。 この日がこれまでで最も大きな群れとなったようだ。
続き
 午後3時過ぎ、 下地島上空には秋風に乗って次々とサシバが飛来。 数羽で飛んでいたものに吸い寄せられるように集まり、 気が付くと50~100羽の群れとなって青空を舞っていた。
 毎年、 東京からサシバを観察に訪れ続けている60代の夫婦は 「本州ではこんな飛び方はしない。 『鷹柱』 ができても数羽、 これほど大きな群れはめったにない」 と感心し、 「宮古では多くのサシバを近くで見られる。 この期間は見られるポイントのPRに力を入れても良いのでは」 と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20203-1.jpg
空中で渦を巻くように飛び 「鷹柱」 を作るサシバの群れ=下地島

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加