記事一覧

沿岸部で目立つ、サトウキビ潮風害に散水

 






2018/10/06 21時07分配信 - 産業・経済 -

 2週連続で宮古島地方を暴風域に巻き込んだ台風24・25号により、 沿岸部のサトウキビを中心に潮風害を受けており、 6日はスプリンクラーなどで散水する農家が目立った。 台風接近の時期が10月と遅く、 青葉の回復が遅れれば糖度の低下が懸念され、 早めの散水を呼びかけている。 施設園芸は悪天候や資材不足などで植え付けが遅れ気味だという。 宮古島市は両台風による農産物被害額 (速報) を計1億3200万円と見込んでいる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20181-1.jpg
台風による潮風害を受けたサトウキビに散水するスプリンクラー=平良狩俣

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加