記事一覧

玉城知事職員向け初の訓示「奉仕者の職責全うを」

 






2018/10/06 09時06分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】4日就任した玉城デニー知事が5日午後、 県庁内で職員訓示を行った。 就任初日に予定されていたが台風25号の影響でこの日に行われたもので、 庁内放送で職員に向けて 「これからみなさんとともに県政を運営していく。 健康に十分留意し、 各部局長を中心に心を一つに、 いかなる困難にも勇気と情熱をもって対処して県民全体の奉仕者として職責を全うし、 幅広い視点で県民の期待に応えてほしい。 知事室のドアはいつでも開いている。 気軽に話に来てほしい。 職員の先頭に立って全身全霊で取り組んでいく。 職員のみなさんの支援、 協力をお願いする」 と呼びかけた。
続き
 さらに 「自立型経済の構築に向けて好調な沖縄経済を一層発展させる。 新時代沖縄の到来に向けスケール感とスピード感を持って新たな沖縄振興計画の策定に着手する。 全県民が安心して暮らせる沖縄らしい優しい社会を構築する。 誰一人取り残すことなく全ての人の尊厳を守り、 自立と共生と多様性の沖縄を創るため、 子どもの貧困対策を最重要政策に位置付け、 行政と民間の幅広い支援体制を築き上げる」 と強調。 そのためには、 平和で安心安全に暮らせる社会の実現が必要とし、 普天間飛行場の一日も早い閉鎖と返還、 辺野古新基地建設の阻止に全力で取り組むこととした。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20174-1.jpg
職員訓示で 「県民全体の奉仕者として職責を全うしてほしい」 などと呼びかける玉城知事=県庁

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加