記事一覧

宮古島市内水道管37%が40年超

 






2018/10/04 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市内の水道管の老朽化が進み、 総延長520㌔の約37% (196㌔) が法定耐用年数の40年を過ぎていることが3日、 分かった。 最も古いのは1972年に敷設された池間島の水道管となっている。 島内では老朽化した水道管から漏水などが発生しており、 市上下水道部では発見次第対応に当たっている。 同部では 「宮古島市水道施設整備計画 (2017年度から26年度までの10年間)」 に基づいて随時水道管の更新を行う方針だ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20161-1.jpg
計画に基づき老朽化した水道管の更新などを行う上下水道部

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加