記事一覧

市港湾審が計画変更答申 クルーズ船岸壁延長へ

 






2018/10/03 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市地方港湾審議会 (会長・下地義治宮古島商工会議所会頭) は2日、 先月26日に承認した平良港の港湾計画変更を下地敏彦市長に答申した。 変更は漲水地区北防波堤外側に国の直轄事業で整備している国際クルーズ拠点形成のための旅客船専用岸壁の大型化に対応するもので、 接岸可能船舶が当初の14万㌧級から22万㌧級となる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20154-1.jpg
国際クルーズ拠点形成の専用岸壁の完成予想パース (平良港湾事務所/エム・テック提供)

ファイル 20154-2.jpg
市役所平良庁舎で下地市長 (右) に答申する原氏

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加