記事一覧

多良間中でキャリア教育、垣花兼一さん講話

 






2018/09/29 09時01分配信 - 教育 -

【多良間】村立多良間中学校 (松本尚校長) はこのほど、 同村出身で黒糖本舗垣乃花代表の垣花兼一さんを講師にキャリア教育講演会を行った。 垣花さんは1年生14人に多良間島産黒糖を使った商品開発や製造、 販売流通、 会社の経営理念などについて語り、 社内や工場を常に清掃、 整理整頓することを通して社員の心を磨くことを心がけていると話した。
続き
 垣花さんは 「約20年前、 台湾に黒糖を出荷した際にカビが発生してかなりの量を返品された。 原点はものづくりではなく掃除、 整理整頓にあると気付き床磨きから始めた」 と述べ、 「会社経営で最もこだわっているのは環境整備。 お金を儲ければ良いのではなく社員の心を磨くこと」 に取り組んでいると話した。
 整理整頓や環境整備の大切さについて 「服装や靴、 言葉の乱れはすべて心の乱れ。 言葉や行動は心が素直でなければならない。 工場をきれいにすることで従業員の心を真っすぐにする。 その上で仕事ができるという考え。 どんな偉くなっても身の周りの整理整頓ができなければ世の中の役に立たない。 掃除は社内を美しくするだけでなく、 人の心を磨く」 と説明。
 また 「職場は人格形成のための道場。 経済のためだけにいる場所ではない。 毎日、 何気なく使っている言葉には物事を実現する力がある。 言葉は10年後の人生を導いてくれるので、 不平不満愚痴はなるべく言わず、 きれいな言葉、 前向きな言葉を使おう。 夢を描き良いことを言ってほしい」 と呼びかけた。
 小学6年の時のジョブシャドウイングで同社を訪れた本村琴美さんは 「本当に床がピカピカだった」 と報告していた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20122-1.jpg
キャリア教育講演で自社の経営理念などについて話す垣花兼一さん=25日、 多良間中学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加