記事一覧

宮古特産物でスイーツを、コンテスト作品を募集

 






2018/09/28 09時04分配信 - 産業・経済 -

 宮古島特産物のマンゴー、 パッションフルーツ、 紅芋などを使った 「宮古島スイーツコンテスト2019」 が来年1月13日、 市総合体育館で開催される。 宮古島地域雇用創造協議会 (会長・長濱政治副市長) が26日、 内容を発表した=写真=。 作品の募集が10月1日から始まる。 31日まで。
続き
 コンテストは、 島の特産品で新たなスイーツを島民みんなで作り出し、 観光消費額の増加及びそれに伴う雇用の拡大が目的。
 創作部門はケーキやジェラートなど主に対面販売の商品で、 消費期限が3日以内、 予定価格は1ピース500円以内。 土産部門はクッキーなどのパッケージ商品で、 島内外での販売を想定し、 消費期限は2週間以上。 1個または複数個入りで値段は1500円以内。
 特産物を使用した未発表の作品が対象で、 プロ、 アマは問わない。 両部門へのエントリーも可。 11月1日に書類審査、 同7日に審査員による2次審査の通過作品がコンテスト来場者 (300人) も交えた最終審査で、 5作品を決定する。
 応募は、 所定用紙に必要事項を記入の上、 作品全体及び断面写真の計2枚を添付し、 直接または郵送で同協議会 (79・5288、 FAX79・5289) まで。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20118-1.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加