記事一覧

各科の専門技術学ぶ、宮古工業で中学生体験入学

 






2018/09/28 09時01分配信 - 教育 -

 県立宮古工業高校 (金城透校長) は27日、 市内の中学3年生を対象に体験入学を行った。 西城、 鏡原、 北、 下地、 上野、 西辺、 伊良部、 平良、 佐良浜、 久松から97人が参加し、 機械システム、 自動車、 電気技術、 情報技術、 調理、 被服のコースに分かれ学習した。
続き
 この体験入学は各学科の授業を実際に体験し、 専門科目に対する興味と関心を中学生に持たせることを目的としている。 開始前のあいさつで金城校長は 「授業を体験し、 家に帰ったら先生や両親と話し合い進路を選ぶ時の参考にしてほしい」 と述べた。
 機械システムコースは16人が参加し、 旋盤で鉄を削る作業を体験した。 自動車コースは27人が車の塗装や点検を学んだ。 電気技術コースは11人が電気計測とデジタル通信に分かれ、 配線のミニチュア版を作製した。 生活情報科は27人が調理と被服に分かれて参加し、 シャツ型コースター、 アイシングクッキー作りに挑んだ。
 仲宗根未来さん (鏡原) は 「将来パティシエになりたいので参加した」 と動機を話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20115-1.jpg
シャツ型コースターをミシンで縫う被服実習の参加者=宮古工業高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加