記事一覧

第35回トライ宮古島大会、来年4月14日開催

 






2018/09/26 09時07分配信 - スポーツ -

 宮古島トライアスロン実行委員会 (大会長・下地敏彦市長) は25日、 「第35回全日本トライアスロン宮古島大会」 を来年4月14日に開催することを正式決定した。 第34回大会は過去最高となる1572人が出場した。 選手募集は10月1日から開始し、 12月下旬に全出場選手を決定する。 応募期限は11月30日 (郵送による申し込みは11月2日午前零時) まで。
続き
 同日午後、 市中央公民館で第34回大会実行委員会総会が開かれ、 第34回大会事業報告、 同歳入歳出決算、 第35回大会要項案、 同歳入歳出決算書案について審議し、 原案通り承認した。
 下地大会長はあいさつで 「34回大会はスイムが周回コースとなったことが大きな変化だった。 周回コースの評価は選手の安全面などを考慮し良かったとの意見が多かった。 安心・安全なトライ大会を目指しており、 今後も改善すべきところは改善していこう」 と振り返り、 「来年は35回という節目の大会。 事務局としても記念大会として考えているが皆さんも良い企画があれば提示してほしい。 節目をしっかりとやっていき、 より安心で安全な大会を目指して頑張っていこう」 と呼びかけた。
 第35回大会の要項は次の通り。
 開催期日=4月14日午前7時~午後8時半▽競技=スイム3㌔、 バイク157㌔、 ラン42・195㌔ (※悪天候時はデュアスロンに切り替え、 最初のスイム競技をラン4・5㌔に変更) ▽参加定員=1700人▽参加費4万円 (支給品、 傷害保険料、 AS飲食物など) ▽表彰=総合優勝、 準優勝、 3位~10位、 女子優勝、 準優勝、 3位~10位。 他に年代別賞、 種目別賞、 県内男女各1位、 特別賞 (最高齢男女)。 参加申し込みは郵送は10月9日から11月2日まで (消印有効)、 インターネットは10月1日から11月30日まで。
 問い合わせは宮古島トライアスロン実行委員会 (0980・73・1046) まで。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20107-1.jpg
第35回トライアスロン大会の日程などを審議した実行委員会のメンバー=市中央公民館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加