記事一覧

宮古勢2校は敗退、県高校野球秋季大会

 






2018/09/18 09時03分配信 - スポーツ -

【那覇支局】第68回県高校野球秋季大会 (主催・県高校野球連盟ほか) は16・17の両日、 北谷公園野球場など3球場で2回戦15試合を行った。 宮古勢は、 宮古 (豊原啓人監督) が北山に1─6と力負け。 宮古総合実業 (大嶺真監督) が西原に追い上げ及ばず3─5で敗れた。
続き
 後攻の宮総実は一回裏、 2番友利汐夢が内野安打で出塁し盗塁も決めて2死2塁の場面、 4番の根間聖斗主将のタイムリーで幸先よく先制。 しかし3回表、 エラーで出塁を許し1死1塁とするとタイムリー3塁打で同点に。 さらに四球、 盗塁で1死2・3塁から2ランスクイズを決められ2点差とされた。 続く4回表にもエラーなどで無死満塁とすると、 内野ゴロのホーム悪送球で2人生還され4点差とされた。
 8回裏には、 連続四球から無死1・2塁のチャンスに送りバントを連続失敗し2死1・2塁に。 1番仲宗根俊輔のセンター前ヒットで2死満塁とし、 ワイルドピッチとボークで2点差に詰め寄るが、 後が続かず敗戦となった。
 大嶺監督は 「立ち上がりに先制して良い流れで試合に入れたが、 守りのミスでペースを持っていかれた。 ピッチャーは良く踏ん張って投げてくれた。 人数が少ない中で試合経験が少なく気負いもあった。 これから可能性のあるチームなので、 しっかり鍛え直して春、 夏と頑張りたい」 と意欲を見せた。 根間主将は 「エラーやバントミスなど、 まだまだ攻守に練習と集中が足りない。 先制して雰囲気が良く、 みんな声が出ていたし、 エースの濱川義幸が我慢してよく投げ切ってくれた。 しっかり練習してエラーを無くし、 勝ちにいきたい」 と意気込みを語った。
 結果は次の通り。
【16日】
北山
 030001002─6
 010000000─1
宮古
(北) 金城洸、 金城和─上間栄
(宮) 狩俣、 垣花、 古堅─大嶺
▽2塁打=宮里 (北)、 佐渡山、 砂川 (宮)
【17日】
西原
 003200000─5
 100000020─3
宮古総合実業
(西) 坂井─松田
(宮) 濱川─佐久間
▽3塁打=末吉 (西)
▽2塁打=宮城 (西)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20053-1.jpg
北山―宮古。 三番手で登板して力投をみせる古堅瑞樹=16日、 コザしんきんスタジアム

ファイル 20053-2.jpg
先制のホームを踏み、 エースの濱川①とタッチする友利汐夢 (右) =北谷公園野球場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加