記事一覧

県知事選挙告示、佐喜真、玉城氏が届け出

 






2018/09/14 09時07分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】翁長雄志知事の在任中の死去により前倒しで実施される第13回沖縄県知事選挙は13日、 告示された。 午前8時半から受付が開始され、 届け出順に無所属新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏 (54) =自民・公明・維新・希望推薦=、 無所属新人で前衆院議員・自由党幹事長の玉城デニー氏 (58)、 無所属新人で琉球料理研究家の渡口初美氏 (83)、 無所属新人で元会社員の兼島俊氏 (40) の4人が立候補を届け出、 17日間の選挙戦が始まった。 佐喜真、 玉城両候補の事実上の一騎打ちで、 普天間飛行場の辺野古移設を最大の争点に激戦が繰り広げられる。 30日に投開票される。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20035-1.jpg
 県民の暮らしが最優先だと宣言した。 まずやるべきことは県民所得の向上。 それにより子どもの貧困を撲滅する。 給食費、 保育料、 医療費の無償化を目指し、 子育て・教育王国沖縄を作る。 離島の人たちの負担感を減らすために航空運賃を軽減する。 「命どぅ宝」。 北部基幹病院を設置し、 北部の人々の命を守る。 アジアのマーケットを取り込むなどグローバルな沖縄を誰が作るのかという選挙。 145万人の県民に等しく喜んでもらえる政治をするのが知事の務め。 対立、 分断からは何も生まれない。 政治は交渉。 対話を通して県民の思いを伝えるべきところに伝える。 宜野湾市長の時にできなかったのが普天間飛行場の返還。 私は絶対にあきらめない。 基地の問題などすべてできるのは私しかいない。 県民の悲願である日米地位協定を絶対に改定する。 一緒になって前に進もう。

ファイル 20035-2.jpg
 右と左、 イデオロギーも関係ないと堂々と言えるアイデンティティに根差した未来の沖縄を創る。 その思いを政策の1つひとつに込めた。 アジア経済戦略構想で、 自らの力で海外に打って出て日本経済のフロントランナーとなる。 1人でも多くの人が喜ぶ。 そんな実のある観光立県で得た原資・収入を循環させ優しくてしなやか、 たくましい沖縄を作っていく。 ウチナーンチュが誇りある豊かさを築き、 イデオロギーよりアイデンティティを大事にしようという翁長知事の意志をしっかりと受け継ぎ、 辺野古新基地を造らせないという意志を明確にして選挙戦を堂々と戦っていこう。 世界の国々と人材交流、 文化交流など自治体外交を積極的に行っていく。 力ではなく互いの信頼で諸外国と結びつくことにより、 日本はアジアで輝ける地位を確保できる。 それを沖縄からしっかり示していこう。

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加