記事一覧

玉城氏勝利向け団結、宮古の支持者が集会

 






2018/09/13 09時06分配信 - 政治・行政 -

 13日告示、 30日投開票の県知事選に立候補を予定している衆院議員でオール沖縄が推す玉城デニー氏 (58) を支持するひやみかちうまんちゅの会みゃーく (亀浜玲子・奥平一夫共同代表) の団結の集いが11日、 市内の宮古教育会館で行われた。 多くの支持者が参加し、 故翁長雄志氏の遺志を引き継ぐ玉城氏の勝利に向け結束を固めた。
続き
 これまでの経過を報告した亀浜共同代表は 「玉城氏は政策に離島力の向上を明記している。 離島の生活をしっかりと支えながら、 新しい沖縄をつくる政策を訴えている。 何としても玉城氏を知事に押し上げ、 私たちの望む沖縄を作ってもらいたい」、 奥平共同代表は 「玉城氏は翁長氏の新基地建設を止めたいという遺志を受け継ぎ出馬を表明した。 我々は玉城氏を絶対に知事にしたい」 とそれぞれあいさつ。
 参院議員の糸数慶子氏が 「心をひとつにして玉城氏を知事に当選させよう。 玉城氏は離島を隅々まで照らす政策を掲げている。 離島の子どもたちがきちんとした生活環境の中で学業できるよう寄宿舎の整備を考えている。 自衛隊の配備問題についてはしっかりと地域の声を聞くとしている。 新時代の沖縄を作るのは政府の言いなりになる人ではなく、 翁長氏の遺志を受け継ぎ、 自らの意思をしっかりと伝えられる玉城氏しかいない。 沖縄が基地の島となるか、 沖縄のことは沖縄が決めるのか大きな分岐点となる」 と玉城氏の支持を呼びかけた。
 社会大衆党、 日本共産党、 自由党、 立憲民主党が連帯のメッセージを寄せ、 連合宮古地域協議会の池間寛信議長が連帯のあいさつを述べ、 最後は全員で 「ガンバロウ」 を三唱して選挙戦での団結を誓った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20027-1.jpg
玉城氏の勝利に向けて 「ガンバロウ」 三唱する支持者たち=11日、 宮古教育会館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加