記事一覧

多良間海外ホームステイで学習成果を報告

 






2018/09/13 09時01分配信 - 教育 -

【多良間】2018年度多良間村少年海外奨学生体験報告会が10日、 同村コミュニティ施設で行われた。 夏休みに米国ワシントン州にホームステイした村立多良間中3年の桃原久実さん、 名嘉真南海さん、 伊藤麻莉奈さんがそれぞれ体験した海外の文化や生活、 ホストファミリーとの交流などの成果を報告した。
続き
 桃原さんは 「朝ご飯やランチの食材を買いにスーパーへ行くと何もかも量が多く、 大きいので驚いた。 ホームステイをして以前よりリスニングが出来るようになったと思う。 一番はホストファミリーたちとの思い出が作れたことが良かった」 と感想を述べた。
 名嘉真さんは 「ホストファミリーには子どもが4人いて、 少し緊張していた私にたくさん話しかけてくれたのでとても嬉しかった。 英語を学びながら日本とは違った米国の自由や文化について学べたので参加して良かった」 と発表した。
 伊藤さんは 「さよならパーティーでは習字を披露し、 ホストマザーの名前を漢字で書いた。 最初は辞書や翻訳機を使って単語や文を調べていたが、 最後は使わないでも会話ができるようになった。 たくさんの経験ができて本当に嬉しかった」 と報告した。
 伊良皆光夫村長は 「出発するときの抱負を実践し、 ふれ合い、 会話をして大きな成果を持って戻ってきた。 今回の体験を今後の学校生活、 社会人になっても良い思い出になると思う」 と生徒たちの成長を喜んだ。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20022-1.jpg
海外ホームステイの修了証を手にする生徒たち=10日、 多良間村コミュニティ施設

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加