記事一覧

みつば保育園園児 井戸を贈る運動で募金を託す

 






2018/09/12 09時04分配信 - 社会・一般 -

 みつば保育園 (島尻末子園長) は11日、 平良久貝郵便局 (与那覇寛信局長) を通して 「アジアに井戸を贈る運動」 で集めた募金をアジア協会アジア友の会に送った。 保育士らと一緒に同郵便局を訪れた4歳児の園児たちが与那覇局長に手渡した。
続き
 贈呈式で、 園児たちは 「みんなで心を込めて集めた募金をお水で困っている子どもたちに届けて下さい」 との気持ちを伝えた。 これに与那覇局長は 「食べたいお菓子を我慢してアジアの困っている人たちにお金を送金してくれてありがとう。 皆さんから預かったお金はしっかり届けたい」 と述べた。
 この運動は1984年から始まり、 今年で35年目になる。 募金期間 (7月19日~9月3日) には園児たちは水遊びを楽しんでおり、 その間飲み水が無くて困っているアジアの友達に目を向けながら食事やおやつ、 毎日美味しい物が食べられることに感謝し、 その気持ちを募金するなどの方法で実施。 園児たちは募金箱を家に持ち帰り、 保護者らと一緒に行ったという。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20018-1.jpg
「アジアに井戸を贈る運動」 の募金を送ったあと与那覇局長 (3列目右) と記念撮影するみつば保育園児ら=平良久貝郵便局

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加