記事一覧

知識持って温暖化対策考える、市民公開講座

 






2018/09/08 09時07分配信 - 科学・環境 -

 応用物理学会エネルギーシステム研究会の市民公開講座・座談会 「宮古島でエネルギーと環境を考える」 が7日、 JTAドーム宮古島会議室で行われた。 再生可能エネルギーの現状、 太陽光発電の有効性などをテーマに講義や出席者による議論が行われ、 今後も二酸化炭素濃度上昇に伴う地球温暖化の進行が予想されることから、 自然エネルギーなどの知識をしっかりと持ち対策を考えていくことが大切と呼びかけていた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19999-1.jpg
公開講座で太陽光発電のあり方なとについて議論する参加者たち=JTAドーム宮古島会議室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加