記事一覧

健康で経営活性化~経営セミナー

 






2018/09/05 09時03分配信 - 産業・経済 -

 健康経営セミナー (主催・宮古島商工会議所、 アクサ生命保険沖縄支社) が4日、 平良下里のホテルで行われた。 特定社会保険労務士の稲田耕平さんが生産年齢人口の減少や従業員の高齢化が進む中、 健康経営の必要性や効果、 中小企業が取り組むメリットなどを紹介。 経費をかけなくても 「先ずできることから始めよう」 と呼びかけた。
続き
 健康経営は従業員の健康を経営的な投資と捉え、 健康促進に積極的に取り組む企業経営スタイル。 稲田さんはメリットとして▽イメージアップ▽リクルート効果▽生産性の向上▽医療コストの削減▽会社の活性化▽インセンティブ│を挙げた。 特に新卒求職者及びその親の多くが 「従業員の健康や働き方に配慮している」 企業に関心を寄せているアンケート結果などを示し、 人材確保の面での効果を強調した。
 具体的な進め方について 「社内外に健康制限する。 担当者を決める。 健康課題を特定し、 計画を策定・実行する。 効果を検証・改善。 健康経営優良法人に応募する」 と説明。 稲田さんの事務所で実践している職員の健康状態の共有、 毎日の体重測定などを紹介した。
 また全国健康保険協会沖縄支部の船越紀子さんが健康宣言事業、 アクサ生命保険沖縄支社長の阿部晋吾さんが健康経営アドバイザー派遣による健康経営支援について紹介した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19974-1.jpg
健康経営のメリットや取り組み方などを説明する講師の稲田さん=ホテルアトールエメラルド宮古島

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加