記事一覧

宮古総実高、全国技能五輪の活躍期待

 






2018/09/05 09時02分配信 - 教育 -

 第56回技能五輪全国大会などに出場する県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) の生徒たちに対して3日、 宮古農林高校同窓会 (下地盛雄会長) が同校で奨励金を授与した。 初めての同校からの技能五輪出場に下地会長は 「非常にめでたい。 先輩の思いの詰まった奨励金を役立てて頑張ってほしい」 と活躍に期待した。
続き
 今回奨励金が授与されたのは技能五輪全国大会及び第69回日本学校農業クラブ全国大会に出場する生徒11人。 下地会長は 「技能五輪の出場は本校初。 非常にめでたい。 農業クラブの農業鑑定競技は出題内容が本土の農作物や病害虫が中心で沖縄の生徒には難しいが後輩が続くように頑張ってほしい」 と激励した。
 生徒を代表し具志堅未鈴さんが 「それぞれの大会で力が発揮できるよう頑張りたい」 と謝意を述べた。 技能五輪の県予選前には、 フラワーショップいずみの坂口順子社長、 成合政幸さん、 県フラワー装飾技能士会の上間睦子会長の指導もあり、 初めての全国大会出場権を獲得したという。
 出場生徒は次の通り。
【技能五輪全国大会】フラワー装飾=具志堅未鈴(生活福祉科3年) 田村夢花 (生物生産科2年) 砂川希 (生活福祉科2年) 砂川媛菜 (同) 波平亜美佳 (同) 下地彩寿成 (同1年)
【農業クラブ全国大会】家畜審査競技 (肉用牛) =奥平美空 (生物生産学科2年) 野原琉玖 (同) ▽農業鑑定競技 (畜産) =平山南々美 (同) ▽同 (造園) =塩川駿佑 (食と環境科2年) ▽同 (生活) =下地笑弥華 (生活福祉科3年)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19973-1.jpg
下地会長 (後列右) から奨励金を受け取り決意を新たにする生徒たち=3日、 宮古総合実業高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加