記事一覧

津波・台風なぜ起きる、児童が気象の仕事学ぶ

 






2018/08/04 21時02分配信 - 社会・一般 -

 2018年 「お天気フェアin宮古島」 (主催・宮古島地方気象台、 市教育委員会) が4日、 同気象台で行われた。 多くの児童が参加して天気予報の作成など気象台の仕事を見学。 地震や津波、 台風などの気象現象がどうやって発生するのか教わり、 災害から身を守る方法を学んでいた。 またエコアイランド宮古島の取り組みも勉強した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19785-1.jpg
雨量計への水の溜まり方を見学する児童たち=宮古島地方気象台

ファイル 19785-2.jpg
天気予報制作を体験する児童

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加